増額できる 

弁護士はやっぱり頼りになる

交通事故の被害に遭った場合には、相手側から示談金をもらうことになります。

流れとしては、まず交通事故後に加害者が加入している自動車保険の保険会社から、
示談金の提示がなされます。ここで重要なことは、安易にこの示談金を
受け入れてしまわないことです。

なぜならば、保険会社が提示してきた示談金額は、保険会社独自の基準によって
算出された金額ですので、交渉次第ではまだ増額出来る余地があるからです。
実際に弁護士の参入によって、大幅に増額されたという事例は少なくありません。

示談金の交渉を行うにしても、自分ひとりだけでは心許ないです。

冷静に考える

相手の保険会社は交通事故の示談交渉のプロであり、金額を負担するという立場で
ある 以上、できるだけ負担を減らそうと考えます。
そのため、 安易にこちらの増額要請に応じてくれるはずはありません。

ですのでその様な場合には、弁護士に依頼することをお薦めします。

弁護士に依頼すれば、過去の裁判の判例に則した賠償額を算出して
保険会社と交渉を行ってくれます。
個人でのやり取りではあまりまともに取り扱ってくれない保険会社も
弁護士が相手では、対応せざるを得ません。

このように弁護士に依頼すれば示談金を増額出来るだけでなく、
自ら交渉することによる心身の負担からも開放されることになります。

ストレスから解放される

COSTCO 不服申し立て 後遺症認定 業務内容