Top page

交通事故に於いては、加害者が被害者の損害を全額弁済することが原則です。

しかし、実際にはその加害割合は非常に微妙な部分が多く、多くは
被害者や加害者の言動、もしくは交通の状況、被害の度合いなどにより
その割合が協議のうえ決定されることがほとんどです。

警察も実況見分を行いますが、あくまでも加害割合を判断する為の
状況証拠を確認するための物であり、加害者に著しい過失がある場合、
或いは被害者が死亡したり重篤な病状に至る場合を除いては
刑事罰は課せられません。

問題について考える。交通事故の示談における弁護士の活用法とは

間違えないために

その為、交通事故に於いてその賠償額に納得がいかない場合などに
頼れるのは警察ではなく弁護士です。
警察に相談をしても、警察側もどうしようもないため
弁護士を立てて交渉することが良く行われます。

弁護士は数々の判例を元に交通事故の状況、相手の損害状況などを鑑み
賠償金の減額交渉を行ってくれます。

目を離さない当人同士の交渉ではなかなか解決できない交渉に於いても、交通事故弁護士
法的根拠を元に交渉することで減額に応じてくれる場合がほとんどです。

交通事故を起こしてしまった場合でも、相手の要求が不当であると
感じた場合には、弁護士を利用することも重要な方法です。

 

事故当初は問題なく話し合いが進みそうだと思われても、
後日家族などの第三者が入ってくることで、思わぬトラブルに発展するケースも
非常に多いため、できるだけ早く弁護士に相談をすることが
自分自身への負担を減らすためには重要だと言えます。

COSTCO 不服申し立て 後遺症認定 業務内容