診断書が出来る前

弁護士はやっぱり頼りになる

交通事故の交渉において弁護士がいることは非常に心強いことです。

しかし弁護士を呼べば良いというものでもなく、交通事故の何について
相談や依頼をしたいのかを明確にする必要があります。

示談交渉を依頼したり、損害賠償について相談するなど
事情は色々あります。そのなかで、交通事故の処理を
任せるのであれば、可能な限り早めに依頼をする必要があります。
その一つの目安になるのが診断書です。

交通事故に遭う危険性

医師が診察をした上で下した結論を書いたこの書類は、事故の中で生じた
人的被害の証明書になります。

ただし、これは逆にいえば、「診断書に書いていないものは
事故による被害では無い」ということになるでしょう。

そのため、もし本来被害として認められるべきものがあったのに
それが事故によるものではないと書類に書かれてしまっては
本来もらうべき賠償金がもらえないことになってしまいます。

そうした事態になることを防ぐため、医師の診察を受けるよりも先に
弁護士には依頼をしておいた方が良いのです。
保険会社に任せてあるから安心と思われるかたもいるようですが、
保険会社は基本的に被害者の味方として動いてくれるわけでは
ありません。

味方になってくれる

そのため、保険会社から言われることをそのまま受け入れてしまうと
大幅に損をしてしまう可能性もあり、そのような事態を防ぐために
できるだけ早い段階で弁護士に相談をしに行くことが大切です。

実際の診察の場に同席してくれるかどうかはケースバイケースですが、
事前にアドバイスをもらえるとそれだけで効果がありますから
依頼を出すのであれば早めにしておきましょう。

 

COSTCO 不服申し立て 後遺症認定 業務内容