不服申し立て

弁護士はやっぱり頼りになる

交通事故の被害者になってしまった場合には、身体的なダメージだけでなく
精神的、金銭的な負担をも強いられることが少なくありません。

一人で悩まずに

このように事故によって被った被害を金銭的に補償するのが慰謝料などですが、
相手側から提示された金額に不服がある場合には、弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士は法律に関するスペシャリストであることはいうまでもありませんが、
交通事故の被害者に代わり、相手側との交渉を行ってくれる心強い存在です。
特に交通事故の場合、被害者と加害者の話し合いでは揉めることが
多いため、余計な労力を使う前に、早めに弁護士に対応してもらう方が
精神的にも負担が最小限で済みます。

最小限の負担

交通事故の加害者側から提示される慰謝料等は、自賠責基準や任意保険会社独自の
基準であるのに対して、弁護士基準による補償はそれらよりも手厚いため、
相談することでより多くの補償を受けられるようになる場合が少なくありません。

交通事故の当事者になってしまった場合に、けがを負ったり、精神的なダメージを
受けてしまうことも多いのが現実ですが、金銭的にもより手厚い補償を
受けられる場合が多いことがほとんどです。

また、最近では相談料や着手金を無料にしている弁護士事務所も
出てきているため、費用を気にして依頼を諦めるということが
なくて済むかもしれません。

そのためできるだけ早い段階のうちに、弁護士に相談する方が得策ということができるでしょう。

COSTCO 不服申し立て 後遺症認定 業務内容